HOME>人気記事>社員が喜ぶ賃貸オフィスを用意する方法について

社員が喜ぶ賃貸オフィスを用意する方法について

スーツの男女

新しいオフィスに移転する際は専門業者に依頼しよう

新しい場所へのオフィス移転を考えている場合は、専門業者へ相談するのが良いでしょう。賃貸オフィスやレンタルオフィス、居抜き物件の購入、新しいオフィスの建立など、選択肢は様々あります。移転の理由や希望する広さや設備、場所、投資できる費用などの材料から、適切な方法を提示してくれます。

賃貸オフィスとレンタルオフィスの違い

賃貸オフィスとは

不動産仲介業者へ依頼して、敷金礼金を払いしっかりと契約します。長期間の使用を前提として契約する場合がほとんどです。維持費は安いですが、設備などの初期費用もかかります。長い腰を据えて経営をしていく場合には賃貸オフィスが良いでしょう。

レンタルオフィスとは

短期間の使用を前提とするので、初期費用がかなり安く、敷金礼金などが不要な場合が多いです。また、設備も完備されていることも多いです。維持費は若干高くなるため、一時的なオフィスを探している場合や、のちにオフィス移転を考えている場合におすすめです。

自社に合ったオフィスを選ぼう

オフィスを構える方法は様々ですが、大切なのは自社に合ったオフィスにするということです。従業員の人数や今後のビジョン、オフィスで行えることなどを事前にチェックし、適切な方法でオフィスを構えましょう。

賃貸オフィス利用前に着目すべき内容

仕事

広さは適切かどうか

従業員の人数に応じた広さかどうか、会議室は適切な数が揃っているかなど、広さは必ずチェックしておきましょう。広すぎず、狭すぎないところを選びましょう。

警備システムは万全か

個人情報を取り扱う会社などの場合、特に重要なのは警備システムです。賃貸契約前に、仕様はしっかり確認しておきましょう。

オフィスが適切な場所にあるかどうか

主要取引先への距離や駅からの距離、近隣施設の内容などもしっかりチェックしましょう。なるべく融通が効く場所にすると、従業員、取引先の満足度も変わります。

自社に合う内装か

会社のイメージに合うような内装かどうかも重要です。内装の綺麗さやトイレの数などもチェックしましょう。女性従業員が多い場合も同じです。